喜平ネックレス k18を学ぶ上での基礎知識

TOP > 喜平ネックレスK18ゴールド18金造幣局検定刻印入(ホールマーク入)二面喜平50cm/20g【同梱/代引不可】

喜平ネックレスK18ゴールド18金造幣局検定刻印入(ホールマーク入)二面喜平50cm/20g【同梱/代引不可】

喜平とは輪をつないだだけの鎖を一つ一つ90°にねじって造られたものです。

名前の由来は色々な説があり、「鈴木喜平」という職人が作っていたからとも、騎兵隊が懐中時計に付けていた鎖だったことから「騎兵」→「喜平」になったとも言われています。

上下2つでつないだチェーン。

駒はシングルつながりスタンダートでベーシックなデザインです。

上下2つの対角線上に2つずつ平面が作られたチェーン。

駒はダブルつながり。

カット面の輝きとしなやかな着用感が人気です。

上下2面、左右3面の合計8面の平面に囲まれ、90度に曲げられたチェーン。

駒はトリプルつながり。

表面積が広がる為、光沢は一番。

重量感・しなやかさも最高品位の喜平チェーンです。

財務省造幣局が貴金属製品の製造業者又は販売業者からの依頼に応じて、貴金属製品の品位試験を行い、この試験に合格したものには、証明記号を打刻してその品位を証明しています。

この証明記号を通称「ホール・マーク」といいます。

ホールマークの由来14世紀頃、英国の貴金属細工業者(Gold Smith)の組合が、ロンドンに会館(Gold Smith's Hall)を建て、組合に加入している業者の製造した貴金属製品を検査、これに合格したものに証明印を打って販売することにより製品の信用を保持した、つまり、ホールでマークを打ったことが語源となっております。

材質K18ゴールド重量20gカット二面喜平チェーン長さ約50cm留具引輪

楽天で購入117,400円(税込み)